SpooN相談室 ロゴ 2.png

SpooN相談室

たくさんの人々を、色々な悩みや抑圧から

​「掬いあげたい」そんな想いを込めました

必要な支援に繋がるまで、私たちが責任を持ってご相談をお受けします

​SpooN相談室 室長 

相談支援専門員

​福島 典子

社会福祉士

精神保健福祉士

​公認心理師

福祉職に就いたのは今から8年前のことです。

それまでは一般企業でシステムエンジニアとして勤務していました。

 

当時職場では、精神疾患になる方も多く、同僚や後輩のメンタルサポートなどを行っていました。しかし、専門性に欠けた支援だったため、うまく行かないことばかりだった記憶しています。

その後、きっかけがあり社会福祉士の通信課程に進み、福祉について学び始めました。

まだまだ広く福祉に関し、学んでいる最中ですが、専門性を持った支援無くしては、障がいをお持ちのお子様も大人の方も、ご本人の「こうなりたい」「こんな人でいたい」という願いを実現することはできないと感じています。

SpooN相談室では、専門性に基づいた「根拠ある支援」を心掛けていきたいと思います。

経歴

福岡市東区にある、就労支援を専門とした法人内の就労継続支援B型事業所で勤務。様々な年齢、障がい種別の方の「はたらく姿」を見て衝撃を受け、それまでの障がい者像を覆される。

「障がいがあるからではなく、ひとりの人間として、働いて賃金を得る」という当たり前のことを、専門性を持った支援を行なうことにより、できることが増え、生活の質が向上していくのを目の当たりにする。その勤務経験の中で「就労支援」と同様に「生活支援」も大切なことだと実感する。就労支援の専門性や、障がい特性にまつわる専門性などの学習を通し、次第に「生活全般の支援について、ケアマネジメントを行なう」存在である相談支援専門員になりたいという希望を持つ。

その後、サービスに繋がりづらい方や、制度の狭間にいる方々など、より深く支援に携わりたいという希望から、福岡市の区基幹相談支援センターの専任コーディネーターの職に就く。

様々な個別ケースや、協議会の活動、ネットワーク活動などを通じ、相談支援業務に携わる多くの方、関わるご利用者様に教えられ、相談支援業務の基礎を学ぶ。

成人の支援に関わりながら、障がいのある学齢期以降の子どもたちの支援にも携わる。

児童福祉分野において、家族全体の支援が必要なご家庭にも携わらせて頂く中で「人と環境との相互作用」や「本人のせいにしない支援」の必要性を、度々痛感する。

利用者の方々やそのご家族と、長く丁寧に関わり続けたいという希望により、区基幹相談支援センターを退職。

 

一般社団法人あそびてに入社し「SpooN相談室」(指定特定相談支援事業所・障がい児相談支援事業所)にて相談支援専門員として活動を開始する。

sb-1.jpg
3_sb-6.JPG
SpooN相談室 ロゴ 2.png

〒815-0041

​福岡市南区野間一丁目15番10号 

第二岸川ビル702号室

TEL:080-7985-6082 FAX:092-600-0951

指定特定相談支援事業所

令和4年4月1日指定 福岡市4031200480号

障がい児相談支援事業所

令和4年4月1日指定 福岡市4071200051号

一般相談支援事業所

令和4年4月1日指定 福岡市4031200480号

SpooN相談室では相談支援専門員の方を募集しています。詳細/お問い合わせはこちらのページからお願いいたします。

​お問合せ

LINE_APP_iOS.png

LINEでお問合せ可能です。

アイコンクリックで友だちに追加